アナルはモジュール建築
アナルはモジュール建築を推奨しています。個人差はありますが各個人の持つ直径を30mmとし、三十倍することでタタミ半畳における面積の一辺が求められます。この大きさこそが人間工学に基づく基準になっており、日本のアナル建築同様、オリジナルスケールが定まっていったのだと考えられます。無駄の無い構造と徹底したコストパフォーマンスは究極の環境エコロジーを実現します。